日本の美をあますことなく表現!ジャパニーズスタイルのウエディング


和のアイテムをふんだんに

神前式をはじめ和スタイルのウエディングというのも人気があります。神社もいいですが、式場を和スタイルにすることも可能ですよ。たとえば、式場までの道のりを美しい扇子で飾り立て、それをウエルカムギフトにしてもいいでしょう。扇子にはゲストの名前を入れておきます。

また、挙式では、色とりどりのもみじを敷き詰めるなど、季節に合わせた四季折々のバージンロードにしてもいいでしょう。ここにも扇子を華やかに飾るといいですよ。祭壇横のガラスのぼんぼりには、魔よけになると言い伝えられている赤い金魚を泳がせれば、どこか懐かしいお祭りのような雰囲気になります。

披露宴では高砂にも大きな扇子を用意して視線を集めます。特別な日ならではの、花をぎっしりとあしらったモダンな装いの扇子がいいですよ。テーブルには、宝飾箱や扇子、苔玉など伝統的な和のアイテムをあしらいましょう。ゲストテーブルには黄色い扇子型のメニュー表、ウエルカムフードには目にも麗しいてまり寿司など、日本の美を式場プランナーとともに表現していくといいですね。

花嫁の衣裳はどうする?

和スタイルのウエディングでは、花嫁が身にまとう衣裳はもちろん和の伝統にのっとって、朱の色打掛がいいでしょう。婚礼にふさわしい古典的な吉祥紋様の束ね熨斗の柄などがいいですよ。熨斗を束ねた紋様には、男女が末永く結ばれる、両家を束ねるという縁起の良い言い伝えがあります。高砂の屏風にも同じ紋様を使用すれば、花嫁が前に立ち並ぶとまるで絵巻物さながらに豪華絢爛な世界が完成しますよ。まるで舞妓さんのように、足元には赤い鼻緒の愛らしいぽっくりを合わせて、優艶な打掛との粋なミスマッチを楽しむのもいいでしょう。

福岡の結婚式場は、「ホテル」、「専門式場」、「ゲストハウス」、「レストラン」などの種類の会場が数多くあります。新郎新婦お二人の好みによって選ぶことができます。